体重の変化と妊娠線との関係!

妊娠線ができる仕組みは体重の変化にも関係があるのですが、これは妊娠線ができやすい時期が体重が増えやすい中期から後期に集中していることからも分かります。

急激に体重が増えるとおなかに皮下脂肪がつき、お腹はどんどん出て行きます。さらに、赤ちゃんが大きくなることでお腹が大きくなる分と合わせると皮膚の伸長が間に合わないというのはわかることです。

さらに妊娠線は皮下脂肪が多い人もできやすいもので、これは皮下脂肪に弾力性がなく、お腹が大きくなると皮下脂肪が断裂するために起こります。ですから皮下脂肪が増えると皮下組織が厚くなるため、伸張性を欠き妊娠線ができやすくなるのです。

 

妊娠中期はお腹がどんどん大きくなる!

pl-2014287244533_3妊娠中期である妊娠6ヶ月に入ると胎盤が完成するため胎児がどんどん大きくなりますからお腹もどんどん大きくなります。

また、つわりが治まり食欲が増すため、食べる量が増え、体重も増えやすくなるのです。

妊娠21周になる頃には体重が3~5kg程度増えるという女性も多いので、お腹が大きくなるというのもわかるでしょう。さらに、胎児の大きさは22週頃から27週にかけて2倍にもなりますので、さらにお腹は大きくなります。
妊娠期間中は40週ですが、この期間の成長は著しく、体重もお腹も成長するのです。

このように、体重の増加と妊娠線には大きな関係がありますので、妊娠線を作りたくない人は中期に入る前からのケアが必要です。

妊娠線予防には保湿することがもっとも大切ですが、妊娠線予防クリームを使えば保湿をしながらホルモンバランスを整えることもできます。

妊娠線を作りたくない方は妊娠線予防クリームの使用を検討してみてはいかがでしょうか?

 


関連記事


人気妊娠線クリームランキング

  1. No.1ベルタマザークリーム

    ベルタマザークリーム

  2. No.2AFCストレッチマーククリーム

    AFCストレッチマーククリーム

  3. No.3素顔のママで

    素顔のママで


おすすめ記事


ストレッチクリーム -AFC-

人気記事

  1. 妊娠線の疑問

    妊娠線はマッサージで薄くできる!?
    お腹が大きくなることによって皮膚が引っ張られ、その伸びについ…
  2. 妊娠線豆知識

    アットノンで妊娠線を薄くすることはできるのか!?
    妊娠することでお腹が急に大きくなり、皮膚がその速度についてい…
  3. 妊娠線の疑問

    レーザー治療で気になる妊娠線を消せる!?
    多くの方が気になる妊娠線を消す方法としてレーザー治療法があり…