出産後に残った妊娠線は消える?消えない?

妊娠線は消えないもの、そう思い諦めている方も多いでしょうし、その中には妊娠線予防をしたのに妊娠線ができてしまったという方もいるでしょう。確かに皮膚の下でコラーゲン線維が断裂している状態ですから妊娠線は簡単には消えません。

ところが保湿ケアをしっかり行うことで妊娠線はできてしまった後でも徐々に薄くなっていきます。妊娠線ができているということはコラーゲンの産生が追いついておらず、肌の内側は乾燥している状態です。

ですから保湿クリームなどを使用することで妊娠線を薄くすることは可能なのです。

 

できてしまった妊娠線もしっかりケアする

もちろん妊娠線ができる前から妊娠線予防クリームをしっかり塗ってケアすることは大切です。ですから妊娠線を作りたくないのであれば、妊娠初期あるいは中期頃から妊娠線予防クリームを塗ってケアに努めるほうがいいでしょう。

それでもできてしまった場合は妊娠線専用クリームがありますので活用してみてください。ママの肌のことを考えて作られていますし、妊娠中から使うことができるクリームですので、肌に負担をかけることもありません。

マッサージをしながら塗ればより効果はアップし、有効成分が肌の内側に浸透しやすくなります。

他にもホホバオイルなど赤ちゃんでも使用可能な天然由来成分からできたオイルを使用し、保湿ケアに努める方法もあります。オイルは水分の蒸発を防いで肌の内側に売る胃を閉じ込めてくれますので妊娠線にも効果的です。

時間はかかりますし、完全に消える可能性は低いかもしれませんが、できてしまった妊娠線ケアを始めてみてはいかがでしょうか?

 


関連記事


人気妊娠線クリームランキング

  1. No.1ベルタマザークリーム

    ベルタマザークリーム

  2. No.2AFCストレッチマーククリーム

    AFCストレッチマーククリーム

  3. No.3素顔のママで

    素顔のママで


おすすめ記事


ストレッチクリーム -AFC-

人気記事

  1. 妊娠線の疑問

    妊娠線はマッサージで薄くできる!?
    お腹が大きくなることによって皮膚が引っ張られ、その伸びについ…
  2. 妊娠線豆知識

    アットノンで妊娠線を薄くすることはできるのか!?
    妊娠することでお腹が急に大きくなり、皮膚がその速度についてい…
  3. 妊娠線の疑問

    レーザー治療で気になる妊娠線を消せる!?
    多くの方が気になる妊娠線を消す方法としてレーザー治療法があり…