妊娠線はどうしてできるの?

妊娠線は線状皮膚萎縮症といい、急激な体重の増加などにより肌の表面にヒビのような線がはいってしまうことをいいます。

別名肉割れ英語ではストレッチマークともいい、妊婦だけではなく妊娠していない女性や男性にもできることがあります。

脂肪が増えると表面の肌は伸びて対応しますが、弾力性のない表皮の下の真皮や皮下組織は急激な伸び対応することができずコラーゲンを支えている弾性繊維に亀裂がはいってしまうのが原因です。亀裂が原因ですが痛みはなく、出産後に痩せても元の肌の状態に戻ることはありません。

妊娠線ができやすいのは急激に体重の増えるつわりが終わった頃で、脂肪のつきやすいおなかや太もも、おしりなど皮下脂肪が多く、柔らかい肌にできやすくなります。人によってできる本数は異なります。

 

妊娠線ができるとどうなるのか?

妊娠線の初期は皮下出血が起こっているため赤紫色や茶褐色などで、1本の幅は2、3ミリ、長さ5センチ程度のものができます。

症状の軽い人の場合は白いひび割れのようなものができることもあります。触ると少しへこんでいるのが特徴です。多くの人は2、3本できますが、全体に現われる場合もあります。

時間がたった後は赤紫色から白っぽい光沢を帯びた色に変化し、しわのようになって目立ちにくくなりますが全く消えることはありません。妊娠線ができる原因には急激な体重増加の他に、皮膚の乾燥や栄養不足などがあります。

そのため、妊娠線ができた場所にかゆみを感じる妊娠線掻痒という皮膚トラブルが起こることがありますが、強く掻いてしまうと炎症を起こすこともあるため産科や皮膚科の医師に相談する必要があります。

 

妊娠線を予防するケア

20131570533_2妊娠線ができる原因を防ぐためには体重の増加に気を付けることが一番重要です。

つわりが終わった頃から増えやすくなるので、安全な出産のためにも体重を増やさないように注意します。

皮膚の乾燥も原因となるためストレッチマーク専用のクリームやオイルなどを使用して皮膚に潤いを与え、柔らかく保つようにします。

おなかが大きくなるとお臍当たりや胸の下など見えにくい部分がでてくるので、塗り残しがないかきちんとチェックしながら塗るようにします。

一度できてしまうと取返しがつかないので、後から後悔することのないようにクリームなどは惜しまずにたっぷりと塗ることが大切です。

専用商品であれば妊娠中のデリケートな肌にも負担をかけずに、しっかりと真皮層まで働きかけることができるのでより効果的です。

 



人気妊娠線クリームランキング

  1. No.1ベルタマザークリーム

    ベルタマザークリーム

  2. No.2AFCストレッチマーククリーム

    AFCストレッチマーククリーム

  3. No.3素顔のママで

    素顔のママで


おすすめ記事


ストレッチクリーム -AFC-

人気記事

  1. 妊娠線の疑問

    妊娠線はマッサージで薄くできる!?
    お腹が大きくなることによって皮膚が引っ張られ、その伸びについ…
  2. 妊娠線豆知識

    アットノンで妊娠線を薄くすることはできるのか!?
    妊娠することでお腹が急に大きくなり、皮膚がその速度についてい…
  3. 妊娠線の疑問

    レーザー治療で気になる妊娠線を消せる!?
    多くの方が気になる妊娠線を消す方法としてレーザー治療法があり…