妊娠線のオイルによる保湿ケアとオイルの選び方!

妊娠中は肌が乾燥しやすく妊娠線もできやすいですから、保湿ケアはしっかりしておきたいものです。もちろん妊娠線予防だけではなく、全身の乾燥対策になりますので、保湿ケアは大切なのですが、特にオイルによる保湿ケアは効果が高いと言われています。
オイルというとべたべたする、脂っぽくなるというイメージが高いのですが、塗り方を間違えなければべたつくことはありませんし、肌の水分が蒸発するのを防いでくれますので保湿ケアに役立ちます。

 

オイルは入浴後に塗るのがおすすめ!

オイルで保湿ケアするポイントは体が清潔な状態、たとえば入浴後に塗り、肌になじませることです。

手のひらで先にオイルを温めてから塗ればより保湿効果が高まりますし、配合されている美容成分も肌に浸透しやすくなります。また、マッサージをあわせて行うことで、むくみ、くすみが予防できますから、妊娠線だけではなく肌荒れの防止にも役立つのです。

肌になじませたらティッシュで軽く抑えるとべたつきませんから、試して見るといいでしょう。

なおオイルの選び方としてはホホバオイル、アルガンオイル、椿油、オリーブオイルといった天然由来成分あるいは植物成分を使ったもので、体に優しいことにポイントを置きましょう。

肌になじみやすいのは親水性ですから、親水性と表示されているオイルはより最適です。妊娠線予防をしたいという方は妊娠線予防クリームの保湿成分と合わせて使用することでより高い効果が期待できますから、試してみてください。

 


関連記事


人気妊娠線クリームランキング

  1. No.1ベルタマザークリーム

    ベルタマザークリーム

  2. No.2AFCストレッチマーククリーム

    AFCストレッチマーククリーム

  3. No.3素顔のママで

    素顔のママで


おすすめ記事


ストレッチクリーム -AFC-

人気記事

  1. 妊娠線の疑問

    妊娠線はマッサージで薄くできる!?
    お腹が大きくなることによって皮膚が引っ張られ、その伸びについ…
  2. 妊娠線豆知識

    アットノンで妊娠線を薄くすることはできるのか!?
    妊娠することでお腹が急に大きくなり、皮膚がその速度についてい…
  3. 妊娠線の疑問

    レーザー治療で気になる妊娠線を消せる!?
    多くの方が気になる妊娠線を消す方法としてレーザー治療法があり…