経産婦は妊娠線が出来やすいって本当!?

妊娠線は、短期間で皮膚が伸びることに表皮の内側の組織がついていけず、亀裂が入ってしまうメカニズムで発生します。そのため、初産婦でも経産婦でも、妊娠線が出来ずに済む場合もあればできてしまう場合もあり、何回目の妊娠なら大丈夫と言うことはありません。

しかし、経産婦は妊娠線が出来やすいと言われています。妊娠線が出来るメカニズム的にはそれは正しくはありませんが、すでに経験している妊娠ということで、気を抜いてしまうというのも原因の1つです。

最初の妊娠では、これまで経験したことがない未知の「妊娠」「出産」に対する不安や恐怖が強くなり、あれもこれもと気を使ったり、妊娠線が出来ないようにと必死に毎日予防クリームを塗る妊婦さんは多いようです。

 

経産婦の方がお腹が大きく時期が早い?

妊娠するまではお腹の皮膚が伸びるという経験もありませんから、お腹が大きくなる時期や大きさなども、経験者と比べると妊娠後期に近づいて急にお腹が大きくなったり、大きさも意外とこじんまりとしていたりすることが多いようです。

しかし、一度伸びたことがある皮膚は、次に妊娠すると覚えているのでしょうか、最初の妊娠の時よりも早い時期から大きくなり始めると感じる妊婦さんが大半です。

それに私もそうだったのですが、すでに経験者と言うことで妊娠に対する恐怖や不安が少なくなり、よりリラックスした状態で出産に臨めますね。リラックスすることによって食欲旺盛になって「このぐらい大丈夫」と食べてしまい、ますますお腹が大きくなってしまうことにもなりますし、お腹が大きくなれば当然、ストレッチマークもできやすくなってしまいます。

初めての妊娠の時に妊娠線が出来なかった人は、2回目3回目の妊娠の時にも、できるだけ気を抜かずにしっかりとクリームで対応していきたいものです。

お腹は大きくなると皮膚がどんどん伸ばされて線が入りやすいので、妊娠中の体重管理はしっかり行いましょう。毎日朝と晩にクリームを塗って血行促進のためのマッサージをしてあげれば、かなり予防することができます。

 


関連記事


人気妊娠線クリームランキング

  1. No.1ベルタマザークリーム

    ベルタマザークリーム

  2. No.2AFCストレッチマーククリーム

    AFCストレッチマーククリーム

  3. No.3素顔のママで

    素顔のママで


おすすめ記事


ストレッチクリーム -AFC-

人気記事

  1. 妊娠線の疑問

    妊娠線はマッサージで薄くできる!?
    お腹が大きくなることによって皮膚が引っ張られ、その伸びについ…
  2. 妊娠線豆知識

    アットノンで妊娠線を薄くすることはできるのか!?
    妊娠することでお腹が急に大きくなり、皮膚がその速度についてい…
  3. 妊娠線の疑問

    レーザー治療で気になる妊娠線を消せる!?
    多くの方が気になる妊娠線を消す方法としてレーザー治療法があり…